車査定無料ラボ TOP » 車査定 » 下取りと買取りの違い

下取りと買取りの違い

新しく車を買う時に、今まで乗っていた車をどう処分するのかという問題が出てきます。
知り合いに売るというのでなければ、ディーラーに下取りしてもらうか、買取り業者に買取りしてもらうかどちらかになるでしょう。
この場合、どちらに売るか、なかなか決めにくいでしょう。
 
実際、どちらの方が高くなるというのは、一概には言えないのです。
ディーラーの下取りでは、年式と距離が重視されます。
そういった基準がまとめられた査定本に従って査定を進めていくのです。
 
一方で中古車買取り業者では、実際にいくらで売れるのかという点が重視されます。
中古車オークションの価格を参考にする事が多いようです。
 
このように査定の基準が違うので、売る車の状態によって、どちらに売るかが決まってきます。
まだ年式が新しい車なら、ディーラーに下取ってもらった方が良い値段になるでしょう。
年式は古いが状態の良い車なら、中古車買取り業者の方が良いでしょう。
どちらにせよ、一度買取り業者に査定してもらうと良いと思います。
一括査定サイトから相見積もりを取ってしまえば、下取りの価格の参考にもなります。
 
ディーラーによる下取りの場合は、一緒に買う新車の値引とまとめての価格になっている事が多いので、正確な下取り価格というのは分かりづらい所があります。
下取りをするから安くしている、という場合は多いと思います。
それがどこまで本当なのか分かりませんが、ディーラーに下取ってもらった上で新車を買う場合と、買取りは別の業者にしてもらって、ディーラーからは新車だけを買うという場合。
どちらの方が得かというのを、よく考えてから決めると良い
でしょう。


このページの先頭へ