車査定無料ラボ TOP » 車査定の疑問 » 事故車でも売却出来るの?

事故車でも売却出来るの?

事故車を売る事は可能なのでしょうか。
 
売る事自体は普通に出来ます。
ただし、事故をした事がないか必ず聞かれますので、事故歴をしっかり伝えておかなくてはいけません。
売買契約書には後から事故箇所が見付かれば、その分は減額をするとなっています。
後から大きく減額されてしまいますので、始めから事故車として査定を出してもらっていた方が良い価格になるでしょう。
 
事故車と言うとどこかぶつけて車に傷をいかせばそれで事故車と思ってしまうもしれませんが、査定の際に見られるのは車の骨格にダメージがあったかどうかです。

対象となるのは
フレーム、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、ラジエータコアサポート
となります。

 
これらを修理していたら事故車となります。
 
事故車をどの程度査定に反映させるかは業者の判断ですので、売却する時には一括査定サイトなどで複数の業者から相見積もりを取るようにしましょう。
修理しなくて、事故に遭った状態そのままでも売却する事は可能です。
車買取り業者の中にはそう言った事故車も扱っている所があります。
そうした業者は自分の所で修理して、海外で販売するようです。
日本車であれば事故歴があっても海外では売れるのです。
 
こうした事があるので、事故を起こした車もすぐに廃車にするのではなく、一度査定を取ってみれば良いでしょう。
予想外に価格が付いて助かるかもしれません。


このページの先頭へ