車査定無料ラボ TOP » 車査定 » 廃車手続きする前に事故車でも査定に出してみよう

廃車手続きする前に事故車でも査定に出してみよう

事故を起こしてしまって壊れた車は事故車となります。
事故を起こした車全てが事故車となると思われがちですが、査定に関わる事故車というのは、骨格に被害が出た車の事を言います。
そうして壊れた骨格を修理した車を、自動車業界では修復歴車と呼んでいるそうです。
 
ボンネットタイプの車の場合、修復歴となる修復箇所は、フレーム、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、ラジエータコアサポートとなります。
主に車の強度に関わってくる箇所になります。
扉に傷が付いたぐらいでは修復歴車と見なされないようです。
 
こうした修復歴車、事故車は次に中古車として買う人に避けられてしまいます。
その為、元の買取り価格も下がります。
事故車の買取り価格が安いのはよく知られているので、そのまま廃車にしようと考える人も多いと思います。
 
しかしここで、査定だけでも出してみた方が良いと思います。
中古車買取り業者の中には、事故車の買取りも扱っている所があります。
そうした所なら、買取りをしてくれるのです。
そんな事故車を買ってどうするのかと思ってしまいますが、事故車であっても修理したら外国では売れるのだそうです。
そうやってきちんとした理由があるのなら、買い取ってもらうのも安心です。
事故を起こし、多額の修理代を見積もられてしまった時、廃車にする前にまずは買取り査定をしてみましょう。
予想外に被害が少なくて済むかもしれません。


このページの先頭へ