車査定無料ラボ TOP » 車査定 注意点 » 車の下取りは損をする

車の下取りは損をする

新車を買う場合、それまで乗っていた車はディーラーに下取りをしてもらえば良いのでしょうか。
一概にそうとは言えません。
 
ディーラーでは下取り価格を主に査定本に従って算出していきます。
この方法での査定は、年式と走行距離が重視されます。
この点の条件が良ければ、ディーラーの方が査定額は大きくなるかもしれません。
車買取り業者の場合は、中古車オークションでいくらで売れるかを基準にして買取りをするので、年式が古くても状態が良ければ査定額は良くなります。
 
また、業者間でも査定額に違いが出て来ますので、いくつもの業者から査定額を聞いておく方が有利です。
一括査定サイトを利用すれば、そうした相見積もりも容易となります。
ディーラーへの下取りを考えていても、こうした買取り業者の査定価格を知っておくと有利かもしれません。
 
とは言え、ディーラーとの交渉はなかなか難しいものがあります。
まずもって、新車の購入価格も含めた見積り全体の中に、下取り価格も含まれている事が多いのです。
値引の代わりに下取り価格を上げているといった場合では、正味の下取り価格が分かりづらくなっています。
ディーラーの方も買取り業者を警戒して価格を分かりにくくしているという点もあるのです。
それに負ける事なく、買取り業者に買い取ってもらう場合とどちらが得か、よく比較するようにしておきたいものです。
多くの場合で、複数の業者から取った査定額の中に、満足のいく物が見付かる事でしょう。


このページの先頭へ